対応時間の長い業者を選ぶ利点

電話代行業者は文字通り従業員の人数が少なく専任の電話対応できない場合に会社の人間に代わって対応してくれるサービスのことです。接客のスキルを持ったスタッフが電話に出ることで顧客に失礼のない対応ができるのがメリットですが、対応できる時間は業者によって異なります。業者によっては日中の時間帯や平日だけの利用に限定されてしまうケースも少なくありません。夜間や週末に外部から電話が掛かって来ない業種であれば問題ありませんが、昼夜を問わず営業する企業の場合は日中だけの対応では不便が生じます。時間や曜日を限定せずに常時サービスを利用したいという会社は24時間、365日対応してもらえる電話代行業者を選ぶことが大切です。

24時間対応の業者を選ぶ時の注意点

24時間365日対応してくれる電話代行業者を利用すれば安心して業務に集中することができますが、注意しなくてはいけない点もあります。その一つが着信コール回数です。着信コール回数とは文字通り会社宛てに掛かってきた電話の回数のことで、大半の電話代行業者が月額制を採用しています。月額制は1ヵ月に受けられる回数に制限が設けられていて、制限以上のコールはその都度課金されるのが特徴です。月額料金はコール回数で変わるため、回数が少ないほど費用は安く抑えられます。昼夜を問わず電話が掛かってくる会社の場合、コール回数の少ない契約にするとあっさり上限を超えて追加料金で損をすることもあるので注意が必要です。業者を選ぶ時は、追加料金を支払わずに利用できる契約にしなくてはいけません。